妊活サプリ

MENU

妊活サプリで妊娠しやすい体つくり

妊活サプリ

娠したいなら、妊娠しやすい体つくりを意識することが大切です。

 

これは、ただ妊娠しやすい体つくりの意味合いだけではなく健康な赤ちゃんを産むためにも大切なことです。

 

妊娠しやすい体つくりとは、染色体異常のない精子と卵子をつくるということですね。

 

そのために、細胞分裂の手助けをする『葉酸』がとても高い効果が期待できます。

 

また葉酸は、先天性異常のリスクを低減する働きもあり国が摂取するように推進している栄養素でもあります。

 

当サイトでは、妊活サプリ人気5種の比較と、妊娠しやすい体つくりのアドバイスをしていきます。

 

排卵日を意識したセックスを行うことが受精するためには大切ですが、実は排卵日前に行うことが大切なのです。

 

排卵日当日では実は遅いのです。妊娠したい女性のために役立つコンテンツを配信してまいりますのでよろしくお願いいたします。

 

妊活サプリ|体を冷やさない

夏といえど、
必ずレギンスを着用している私。

 

先日久しぶりに、生足で
オフィス出勤をしたところ、
衝撃の出来事が!

 

なんと、足が冷えて、
おなかを壊してしまう結果に。

 

もう素足では、体調を壊してしまうほど、
体が老化しているなんて・・・

 

しかもオフィスだけでおなかを壊していたのではなく、
自宅に帰ってからもずっとおなかの調子が・・・

 

肌荒れ、
疲れが取れにくい

 

というさまざまな老化現象はいろいろ
感じてきましたが、まさか
おなかの調子まで変化するとは考えてもいませんでした。

 

冷えは女性の敵。
よく耳にする言葉ですが、
その意味を理解したような気がします。

 

特に足などの末端は、
しっかりと温めることが
健康的にすごす秘訣なんですね。

 

 

ブランケットなどで足をあたためる。
定期的に体を動かして、血行をよくする。
冷たい飲み物、食べ物を控える。

 

ちょっとした工夫で
冷えによる体調不良を防ぐことができるそうなので、
少しずつ取り入れてみようと思います。

 

妊活で大切にしたいパートナーとの意思疎通

 

妊活中の女性にアンケートを採ったところ、実は悩んでいる項目として「パートナーとの温度差」に投じられた票が少なくありませんでした。女性側からすると、排卵日に向けて体調を整えながらすごしたり、次の生理日に一喜一憂したり、はたまた職場や義両親などからの要らぬ詮索に困ったりと、精神面でも何かと負荷がかかってきます。そんな女性の気持ちに気が付いていない男性パートナーは、実にマイペース。それがかえって、女性のイライラの元になるパターンは少なからずあるようです。

 

特に、不妊治療のステージに入った女性は、様々な検査や排卵誘発剤など、身体的な負担もさることながら、通院のために遅刻欠勤をしなくてはならない場合、仕事への影響も出てきます。こんなにストレスをかかえていたのでは、余計に妊娠しずらくなってしまうことも。

 

なかなか思うような結果が出なかったり、時には諦めが必要になる場合もあります。いずれにせよ、そんな局面を乗り越えるためには、やはりパートナーとの心の絆がとても重要になってきます。意外かもしれませんが、男性は女性に比べて、妊娠出産に関する医学的データに疎いところがあります。

 

例えば加齢にともなう異常妊娠率の上昇、妊娠成功率の低下など、シビアな数字を知らないことも。互いに知識レベルの共有をはかるところから、はじめるのも悪くないと思います。男性の方が客観的にデータと向き合える傾向もあります。必要な情報を与えることで、考えなければならないこと、女性の気持ちに気がつくこともできるはずです。

 

パートナーと同じ方向を向いて歩いて行くことができれば…子育ての喜びはもちろん、ベビ待ちの辛さ、時には諦めの辛さもパートナーと共有することで、乗り越えられることはたくさんあると思います。

 

妊活中は、妊娠しやすい体つくりのために葉酸を積極的に摂るようにしましょう。安全な葉酸サプリメントを選ぶようにしてくださいね。

 

妊活参考記事

 

更新履歴